すいかのガスパチョ

b0255896_1135182.jpg

連日の夏日ですが、皆さんいかがお過ごしですか?

朝起きたらもう暑い!なんて日は朝ごはんの食欲も湧かないこともある私です。
そんな季節に必ず冷蔵庫に常備しておきたいのがガスパチョ。
とりあえず小さめグラスにクイっと1杯いただいて、そのまま家事などしているといつの間にかお腹が空いている、なんて具合です。

トマトは大目に買い置きしてキッチンの籠の中で追熟させておき、ガスパチョのストックがなくなったら冷蔵庫の野菜と一緒にブレンダーでジュース状にします。
最近は全く火を通さないガスパチョでなく、少し野菜を蒸し煮して味を濃縮させたものをブレンダーでスープ状にするのがお気に入り。これは冷製パスタのソースとしても使えます。トマトのほかに、赤パプリカ・セロリ・玉ねぎ。それにワインビネガーとタバスコに塩胡椒、美味しいオリーブオイルをたらり。

ボッシュのコードレスハンドブレンダーでお鍋ごと撹拌してなめらかにしたら付属のブレンダージャグに移し、冷蔵庫に。
b0255896_11354425.jpg


今朝は、生徒さんがあるパーティですいかのガスパチョを召し上がってとっても美味しかった!と感激していたのを思い出し、冷えたガスパチョにすいかを入れて撹拌してみました。
b0255896_11362927.jpg

トマトを勝たせるか、すいかを強調するか?迷いましたが、とりあえず今回はガスパチョとすいか4:1くらいの割合で♪
b0255896_11525343.jpg

野菜の味が濃縮してこっくりしたガスパチョがすいかでさらりとフルーティに!
美味しい~!★★★

これはもう少し改良して来年のレッスンメニューにしたい!♡
[PR]
# by arnofood | 2017-07-20 11:53 | kitchen | Trackback | Comments(0)

7月レッスン

b0255896_21392247.jpg

7月のレッスン、ちょっと早めですが終了しました(6月末から始まってましたので??)。

・冷製カッペリーニ ガスパチョ風
・鶏むね肉のピッカータ レモンバターソース
・杏仁豆腐 生姜シロップと桃

b0255896_2140426.jpg

冷製パスタは暑い日に最高です。新鮮な魚介のトッピングが合うので、今回のように帆立貝柱や生の海老の他に雲丹などもいいですね。あ、キャビアも!

b0255896_2143283.jpg

そして鶏むね肉のピッカータはレモンをきかせたバターのソースで、コクがありながらもさっぱりとした仕上がりに。パセリもたっぷりとね!

b0255896_21445063.jpg

杏仁豆腐は粉寒天を使い、何度も試作をしてコレ!という固さに調整しました。冷蔵庫に常備しておけば家族が喜ぶおうちデザート♡生姜のシロップは桃に合わせました。クコの実も良いアクセント♪

今月もありがとうございました。

料理教室ARNOアルノ
b0255896_21472040.jpg

[PR]
# by arnofood | 2017-07-11 21:47 | レッスン | Trackback | Comments(0)

ラ・ペルーシュ フランスのブラウンシュガー

b0255896_23301245.jpg

フランス生まれのブラウンシュガー、ラ・ペルーシュのお砂糖をモニターでいただきました。

教室を始めた当初からこちらのお砂糖をコーヒー紅茶用にしていたので、そのゴツゴツした不揃いなフォルムやこっくりした丸みのある甘さのファンでした。
b0255896_23325719.jpg

このおしゃれなオレンジ色のパッケージはご存じのかたも多いのではないでしょうか。

カソナードともいわれ、あのクレームブリュレの上のカリカリしたカラメルのもともとはこれで作られていたそうですよ!

私は今まであのカリカリをグラニュー糖で作っていたので、是非ともこのカソナードでやってみたくなり、
クレマ・カタラーナをラペルーシュで作ってみました(クレームブリュレじゃない??)。
b0255896_05424.jpg

(固形タイプと粉末タイプがあります!粉末タイプはお菓子・お料理に便利!)

クレマカタラーナとクレームブリュレの違いはよく話題に上るところですが、どうやらほとんど同じものみたい。
クレームブリュレはフランス生まれのカスタードプディング、クレマカタラーナはスペイン・カタルーニャ地方発祥で、
どちらも卵と砂糖、牛乳(生クリーム)を使って焼き上げ、上にふりかけた砂糖を焦がしてカリカリにしたデザートなんです。

どちらかが全卵、または卵黄だけを使う、生クリームだけ、または牛乳も混ぜて使う、オレンジやレモンの皮で香りづけする、作る時に湯煎するorしない、などなど、色々言われていますが、

食べ物ってレシピや名前があっても作る人の数だけ違いがあるし、よほどの地域・文化的背景があって「絶対こうでなくては〇〇を名乗ってはならぬ!」的なもの以外は、1つの正解を求めるのが難しい、というのが私の意見です(^^♪

ですが私なりの区別としては、クレマカタラーナは凍らせて供されることが多いのと、四角の形をしていることが多い(日本だけ?)ことかしら。

そしてクレームブリュレは丸いラメキン(ココット)に入れられていることが多いですね。

今回は牛乳と生クリームに卵黄とラペルーシュの砂糖を混ぜて湯煎焼きし、一旦冷やした後にラペルーシュをたっぷり降りかけてバーナーであぶりました。

卵黄しか使ってないから濃厚で美味し~い♡

b0255896_235413.jpg

また、今年の梅仕事のおまけに赤紫蘇でシロップを作ったのですが、
赤紫蘇の他に、ラペルーシュとりんご酢で作りました。

左から、白梅酢・赤紫蘇を投入した直後の梅漬け(梅干しにします)・赤紫蘇シロップ・ラペルーシュ
です。
赤紫蘇シロップは、昨年グラニュー糖で作った時よりもにごった感じ。見た目は白砂糖で作った方が透明度が高く綺麗なのですが、体のことを考えるとなるべくきび砂糖などのブラウンシュガーを使いたいのでこれからも続けよう(^^♪

ラペルーシュはお菓子にもお料理にも、また和洋問わず使える万能なお砂糖でした。

ベギャンセ社から出ている100%さとうきびから出来たお砂糖ラ・ペルーシュ、お店で見つけたら試してみてくださいね。
[PR]
# by arnofood | 2017-07-07 00:03 | お気に入り | Trackback | Comments(0)


イタリアンがベースの、美味しくて楽しい家庭料理教室を開いています。


by arnofood

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
レッスン
ELLEgourmet
お仕事
コラボレッスン
kitchen
dining room
living room
プライベート
山の家:日記
山の家:料理
ツール
学び
うつわ
お気に入り
休日
和菓子
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月

フォロー中のブログ

フィレンツェ田舎生活便り2
べルリンでさーて何を食お...
Berlin no Hi...
ーAkashi Yasa...

ブログパーツ

外部リンク

ブログジャンル

料理家
おうちごはん

画像一覧