<   2016年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

たけのことカラスミのパスタ

b0255896_14353653.jpg

今日からGW!
b0255896_14361044.jpg

連休の初日にふさわしい晴天、しかも冷蔵庫には昨日までのレッスン残り食材がたんまりあって、買い物に行かなくても素敵ランチが作れる!
春野菜とタケノコ、しらすにカラスミを使ってパスタ。
b0255896_14381155.jpg

昨日雨の中頑張って築地に仕入れに行った自分へのご褒美に?佐賀産生牡蠣。レモンと。
あ、家族にもあげますけれど。
b0255896_14391210.jpg

陽ざしが眩しい!というか、暑いです!
b0255896_14394543.jpg

皆さまも良いGWを。
[PR]
by arnofood | 2016-04-29 14:41 | dining room | Trackback | Comments(0)

4月レッスン

b0255896_16373327.jpg

明日からGW!ですが前日の今日は一日雨でした。こうなると来るべき休日がますます待ち遠しい気持ちになりますね。

4月は熊本の震災があり、あまりの被害の大きさに本当に心が痛みました。そして地震関係の色々な情報に触れるたび、今更ながら食材や文化の豊かな日本の誇るべき地域であると感じます。被害がこれ以上広がりませんよう、地元の皆様の生活が一刻も早く戻りますようお祈りしています。

さて、今日は4月のレッスンが全て終わりました。
今月は通常メニューとリクエストメニューの2本立て。

・鶏胸肉のカルピオーネ
b0255896_1642814.jpg

b0255896_1642306.jpg

アジやいわし、白身魚など食材を代えて色々にアレンジできるレシピです。これから暑くなると酢をもっときかせて常備菜によいですね。

・しらすと春野菜、ボッタルガのスパゲティーニ
b0255896_16432353.jpg


・レモンメレンゲタルト
b0255896_16443982.jpg


リクエストメニューは
・3種のチーズのパイ包み焼き
b0255896_16453582.jpg


・やりいかのパン粉詰め トマトソース
b0255896_164684.jpg


・バニラのババロア ベリーソース
b0255896_16465790.jpg

こんなシンプルなデザートがやっぱり一番、と感じさせる永遠の定番です。

それでは皆さま良い連休をお過ごしくださいませ。今月のメニュー、連休中のおもてなしやご家族の楽しいお食事にお役立ていただけると幸いです。
ありがとうございました。

料理教室ARNOアルノ
b0255896_16485379.jpg

[PR]
by arnofood | 2016-04-28 16:50 | レッスン | Trackback | Comments(0)

白糠酪恵舎 チーズセミナー

b0255896_18515532.jpg

今日はチーズについて学んでまいりました。

北海道のチーズ工房 白糠酪恵舎の井ノ口氏によるレクチャーは、まさに講義という呼び方がぴったりの、幾年もの挑戦と研究にもとづいた学術的かつ情熱が感じられる時間でした。

イタリアでチーズ作りを学び、ヨーロッパだけでなくアジアの乳食文化にも詳しい井ノ口氏は、イタリア人に評価されるチーズでなく日本人やアジアの人に美味しいと思ってもらえるチーズを作りたいとの思いだそうです。それを地元北海道白糠の牛乳を使って作り、日本の乳食文化として根付かせたい。そんな熱い思いが伝わってきて、私も国産チーズの発展を切に願う気持ちになりました。
b0255896_1992238.jpg

お話は、世界の乳食(にゅうしょく)文化から、乳酸菌の特性、イタリアチーズとフランスチーズの違いや料理との関係などなど。
b0255896_19121099.jpg

そして酪恵舎の約10種類のチーズの食べ比べ。
b0255896_19125533.jpg

同じチーズを、水分を抜いたり塩につけたり、スモークしたり長く熟成させたりすると、名前も違うチーズになります。そこのところを押さえておくとチーズ選びもスムーズになるでしょうね。
b0255896_1915873.jpg

一つ一つが、口の中でじわっと旨みが広がり、美味しい。つい無言に。
b0255896_1916760.jpg

井ノ口様、ありがとうございました。これからも美味しいチーズを追求してください!
いろいろまだ調べてみたい、とおっしゃっていたこと、いつかまたお話伺えるのを楽しみにしております!
[PR]
by arnofood | 2016-04-26 18:51 | 学び | Trackback | Comments(0)

4月レッスン中間報告 リクエストメニュー

b0255896_1835338.jpg

4月レッスンも半ばをすぎ、今日はリクエストメニューの日でした。
この教室も6年目を迎え、過去のメニューをリクエストできるほどにレシピがたまっていることに喜びを感じます。
過去メニューを見返すと、盛り付けを古臭く感じたりもっと美味しくできるポイントが見つかったりするので、アップデートしてからリクエストメニューとしてお出ししています。

まだ来週にもリクエストレッスンは控えていますのでレポートは後ほど。
ちょっと簡単すぎる?というほどすぐできてしまう、おもてなしにぴったりのお料理たちですよ。
b0255896_18491735.jpg

[PR]
by arnofood | 2016-04-22 18:50 | レッスン | Trackback | Comments(0)

WMF ミニソースパンで炒り卵

b0255896_223227.jpg

先日の試写会(ノーマ世界を変える料理)の時にいただいたWMFの「mini」シリーズのソースパン、直径10cm、高さ8cm。小さいけれど、ガス台のゴトクにギリギリ乗る大きさなのでちゃんと普通の鍋のように火にかけられるんです。こんなに小さいけれど底面はアルミをステンレスで包んだ三層構造、取っ手もしっかりした作りです。

ほんの少しのものを調理したい時って結構ありますよね。
紅茶に入れるミルク、残り物の煮物やお味噌汁を温めたり、プリンのためのカラメルを作ったり・・・。そんな時大は小を兼ねないし、上手に料理するには調理器具の大きさも大事。丁度いい大きさのお鍋やフライパンを使うことも成功の秘訣だと思います。

どんぶりやお弁当用の肉そぼろ、炒り卵なんていうのも家庭の量なら小さい鍋のほうがうまくできるんです。早速炒り卵を作ってみました。
b0255896_22395787.jpg
b0255896_2240484.jpg

砂糖を入れた卵をこのミニソースパンに入れ火にかけ、これまた小さい泡立て器(ドレッシングなんかに最適!)でぐるぐるかき混ぜていると細かい炒り卵に。
b0255896_22495339.jpg

炒り卵を混ぜたお握りってちょっと甘くて優しい味で好きなんです。
お握りの具はしょっぱいものが多いので、甘い炒り卵お握りがひとつあると味のバランスが取れておかずがなくても満足感がでますよ。何より色合いがきれい!
しょっぱい系のめはりお握りと合わせてみました。美味しいな~011.gif
b0255896_23135661.jpg

[PR]
by arnofood | 2016-04-19 22:53 | ツール | Trackback | Comments(0)

allain milliat アランミリア 最高のジュース

b0255896_21195323.jpg

自分を思いきり甘やかしたい時。
誰かにご褒美をあげたい時。
心からの感謝を伝えたい時。
そんな贅沢な贈り物にぴったりのものを見つけました。

フランスの果樹園を営む家に生まれ育ったアランミリア氏が最高品質にこだわって作り上げたジュースブランド「allain milliatアランミリア」。

nectar fraise いちごのネクターを飲んだ時は、そのフレッシュさと奥深い味に、
このまま全部のんでしまってはいけない!
という思いにかられ、
急ぎ、一部をジュレにした次第。
だって飲んだら一瞬でなくなってしまう・・。
b0255896_21425844.jpg

少しの量のジュースをゼラチンで固め、リコッタチーズと玄米フレーク、生いちごをグラスにレイヤーしてヴェリーヌ仕立てに。
→ジュレは
アランミリアのいちごジュース100mlを小鍋で軽く沸騰させ、水でふやかした板ゼラチン1・5gを加え混ぜて溶かし、鍋ごと冷水のボウルに漬けて常温まで冷やした後容器にうつして冷蔵庫へ。半日ほどで固まります。

このジュレがやっぱり一番美味しくて、他の全ての素材がすんなり脇役に回ってくれてます。
フルーツそのままの色とテクスチャーなので、ちょっと濁っていてドロッとしているんですね。それがまた美味しい。
今回はfraiseいちごでしたが今度は何の果物にしよう??
b0255896_21561280.jpg

b0255896_2157580.jpg

[PR]
by arnofood | 2016-04-12 21:56 | お気に入り | Trackback | Comments(0)

3rd ceramics のうつわで朝ご飯

b0255896_23135883.jpg

最近良きうつわとの出会いが続いています。
そして4月レッスンが今日から始まりました。今月もはりきっていきますよ!

そんなエンジン全開の朝は先日届いたうつわで朝食を。
b0255896_23182873.jpg

岐阜県多治見市で3人の陶芸家で活動されているという「3rd ceramics」というブランドです。

「気づきのある暮らしを送る人へ」というコンセプトで作陶されています。

展示会で見た時、コンクリート打ちっぱなし建築のようなミニマルさに惹かれました。和食器の分類に入るのだろうけれど、国籍関係なくどんな料理を乗せても受け止めてくれそう。

そこで今日の朝食は思いつくまま食べたいものをワンプレートに。
胡桃とレーズン入りのパンにリコッタチーズを塗り、玉ねぎスライスとスモークサーモンを乗せたオーブンサンド。
塩もみキャベツに汲み出し湯葉と醤油だれをかけて黒胡椒を少々。
苺。

グレーのお皿は直径30センチもあるのでトレイのようにも使えます。
その上に乗っているグレーのカップは湯のみですが、小鉢として使ってもとてもよく食材に映えるんです。
b0255896_23392563.jpg

湯のみは4つ購入したので、朝からこれで緑茶を飲んで、小鉢にも使い、果物やゼリーを入れてお三時にも。フル回転です。
b0255896_23445714.jpg

[PR]
by arnofood | 2016-04-11 21:12 | うつわ | Trackback | Comments(0)

Harney&Sonsハーニー&サンズ NY発のティーブランド

b0255896_20111283.jpg

都内各所のおしゃれなお店で置かれているHarnry&Sons ハーニー&サンズというブランドの紅茶をいただきました。

早速日曜日のティータイムに。
これまた頂き物の桜のマカロンと共に。
b0255896_20134444.jpg
b0255896_20135573.jpg

これはホットシナモンスパイスという、シナモン・オレンジピール・クローブのフレーバーの紅茶なのですが、砂糖が入っている訳ではないのにほんのり甘いんです。かと言って砂糖のようなくどい甘さではないのでとても飲みやすくさっぱりしています。

これはティーバッグなのですが、リーフ用の缶もとても美しいんですよ。
まずは教室用にダージリンかイングリッシュブレックファーストを買いに行こう。
b0255896_20243180.jpg

[PR]
by arnofood | 2016-04-10 20:27 | お気に入り | Trackback | Comments(0)

映画「nomaノーマ 世界を変える料理」

b0255896_19494284.jpg

雑誌elle a tableエルアターブル様のご招待で、映画「nomaノーマ 世界を変える料理」の試写会に行って参りました。
b0255896_1951376.jpg

世界のトップレストランを決める大会で4回の1位を取った、デンマークのコペンハーゲンにあるレストラン「nomaノーマ」をご存知でしょうか?

シェフのレネ・レゼピは料理界の革命児と呼ばれる天才肌の料理人で、nomaノーマは1位に輝いた後色々なトラブルや経験を経てもう一度一位に返り咲くのです。

そんなレネの生い立ちや、自分の料理を確立するまでの過程と苦悩、nomaノーマで彼の下で働く若き料理人達もまた細やかに描かれ、料理関係者でなくてもぐいぐい引きつけられる映画です。

4月29日封切りです。良かったら足を運んでみてくださいね。
[PR]
by arnofood | 2016-04-10 20:07 | お気に入り | Trackback | Comments(0)

リーフ模様が美しい!HANOVEハノーヴェ

b0255896_12443477.jpg

絵柄がとびきり美しい、HANOVEハノーヴェというテーブルウェアシリーズに出会いました。

プレートの縁や全体に精緻なリーフ模様が描かれているので、何を盛り付けても絵になるのです。
むしろ盛り付けやスタイリングに凝らないほうがキマると思います。
このお皿なら、色どりのためだけにパセリや青ネギをふったり、「緑がないとさみしいからレタスでも入れとくか」などと思わなくて済みますよ。

土曜のランチはじゃがいものガレットに蛸のソテー、リコッタチーズににんにくすりおろしとマヨネーズ少々を隠し味に。
b0255896_1382335.jpg

上記の料理レシピ(1人分)
①じゃがいも中サイズ1こを皮をむき、細く千切りにする(おろし金、またはフードプロセッサーのシュレッドカッターを使うと便利)。ボウルに入れ塩胡椒する。
②フライパンにサラダ油を熱し、①を入れてヘラで直径10cmほどに形作りながら蓋をして表裏焼く。
③ガレットが焼けたら取り出し、同じフライパンでぶつ切りにした蛸をソテーする
④リコッタチーズ(または水切りしたヨーグルト)大匙一杯に、にんにくすりおろし少々とマヨネーズ小さじ半分を混ぜる
⑤ハノーヴェのお皿にガレットと蛸、リコッタチーズを盛り付け、パプリカパウダーを振る

今回は小さく焼いていますが、鉄のスキレットなどで大きく豪快に焼いてもいいですね。
すごく美味しくて絶対お代わりしたくなるので、たとえ一人でも倍量で作ることをおススメします!!011.gif
b0255896_1385371.jpg

[PR]
by arnofood | 2016-04-09 13:08 | うつわ | Trackback | Comments(0)


イタリアンがベースの、美味しくて楽しい家庭料理教室を開いています。


by arnofood

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
レッスン
ELLEgourmet
お仕事
コラボレッスン
kitchen
dining room
living room
プライベート
山の家:日記
山の家:料理
ツール
学び
うつわ
お気に入り
休日
和菓子
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月

フォロー中のブログ

フィレンツェ田舎生活便り2
べルリンでさーて何を食お...
Berlin no Hi...
ーAkashi Yasa...

ブログパーツ

外部リンク

ブログジャンル

料理家
おうちごはん

画像一覧