<   2015年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

東京都美術館展覧会~新印象派~を目と舌で味わう

美術館で絵画を鑑賞後、今見てきたばかりのアートに思いを馳せつつお食事をいただく。
鑑賞後気分を変えるのではなく、展示の続きを観る感覚で・・・まさに眼福と口福を味わった本日。

上野の東京都美術館の新印象派展に足を運んでまいりました。
そして館内のレストランIVORYで、新印象派の絵画やその背景からインスピレーションを得て生み出されたスペシャルコースをいただきました。

まずは点描を特徴の一つとする新印象派絵画をイメージして、クスクスの中に色とりどりの野菜がちりばめられたタブレ・サラダ。上に蟹肉とホワイトセロリがのってビネガーのきいた、冷たい一皿。さっぱりといただけます。
b0255896_17304795.jpg


2皿目は、フランスからのちに新印象派が伝わったというベルギーの食材、ベルギーチコリとホワイトアスパラガスに白いソースと生ハムをのせたグラタン。お皿もアツアツの状態でサーブされます。
b0255896_17425035.jpg


メインは、牛肉の煮込み。また心はフランスに戻り、南仏の野菜の重ね焼きが付け合わせに添えられています。薄くスライスしたズッキーニやトマト、玉ねぎを重ねてオーブンで焼かれておりお味はラタトゥイユ風。お肉はナイフがいらないほど柔らかく煮込まれていて、トマトとブイヨンを煮詰めたソースが美味しい。
b0255896_17512097.jpg

お料理がこのように絵画やその時代背景を意識して構成されているので、見てなるほど・食べて納得。
こういう楽しみ方もあったか、との思いです。

最後はデザート。
モネは料理好きで自分でも腕をふるっていたようで、その残されたレシピをもとに日本の吉野建シェフが監修して作られた料理本があるそうです。→こちら
そのレシピで作られたほうれん草とピスタチオのケーキ、デコレーションにバニラアイスと砕いたラズベリーとピスタチオが散りばめられ、ここでも点描が表現されています。また点描には原色が、しかも反対の色を使うということで、緑と赤という色あわせにも意味があるのだそうです(ここのところ、難しくてうまく説明できません・・・)。
ケーキは昔ながらのどっしりとした硬いスポンジにたっぷりのバタークリーム、それでも現代風に軽くされたとおっしゃる通り、甘味が控えられているのかバタークリームもあっさりといただけ、食後もけっして重さを感じませんでした。上に乗った丸ごとのピスタチオが砂糖がけされているものの、ほんのりと塩気が感じられ、それが印象的な美味しさでした。
b0255896_1803261.jpg

全てが新印象派マジックかと思うほどの統一感、気持ちの良い疲労に満たされた一日でした。
[PR]
by arnofood | 2015-02-19 17:48 | プライベート | Trackback | Comments(2)

身欠きふぐ

b0255896_2113850.jpg

ふぐは身が水分を多く含んでいるので、
さばいて3~4日はキッチンペーパーにくるんで寝かせ、水分を取りつつ味を落ち着かせます。
b0255896_2114979.jpg

なので週の初めに仕入れた身欠きふぐは、
週末くらいにいただくのが丁度良いということになります。
b0255896_212530.jpg

それを計算していつも築地の仲買さんにお願いしています。
自分でてっさ(刺身)にしても、お店のようには薄く美しくできないのですが、
b0255896_2135741.jpg

自宅で気楽にふぐをいただく醍醐味には勝てず、根気よく呑気にふぐを楽しんでいます。
息子は、「家のふぐの方が身が分厚くて美味しい!」と言ってくれます・・・(涙)。
いつも2本入りを買い、身をてっさ・から揚げ・お鍋、皮を煮凝りと湯引きポン酢で。
ひれはざるに乗せて寒い部屋に置いてパリパリになるまで数日放置・・・ひれ酒用に。
b0255896_2122485.jpg

そして翌朝の雑炊がお楽しみ。魚臭さがなく旨みが濃くて、あまり味付けせずとも味わい深いです。少しの醤油か塩で調味して、いただく時にポン酢を少々・・・。

考えてみれば身欠きふぐは身・アラ・皮・ヒレをいただくという意味で、(毒を除いてあるだけで)ほぼホールフード?!生き物を解体して、丸ごといただいているという実感も魅力のうちかもしれません。
[PR]
by arnofood | 2015-02-10 21:03 | dining room | Trackback | Comments(0)

ワインに合うラスク 

b0255896_20584420.jpg

グルメな友人にいただいた、ワインに合うラスク(Gさんありがとうございました)。
ラスクで有名なハラダさんのオードブルラスク グーテデロア ソムリエ です。
b0255896_2059656.jpg

ここの有名な甘いラスクは大好きで、よくお遣い物にしますが、甘くないラスクがあるのを初めて知りました。
b0255896_21365572.jpg

一口かじると芳醇な香りとうまみに悶絶しますよ!
ガーリックやオニオン、チーズ、トリュフ、胡椒、ハムやサラミ・・・・およそワインに合うといわれるもの全部入っている味、とでもいえば伝わるでしょうか(ハムは入っていないけど何故だかそんな味が・・・)。
お味は濃厚だけれど歯ごたえはサクッとどこまでも軽やか。この絶妙なバランスが飽きのこない美味しさの元だと思います。ワイン好きな方への贈り物に是非。
[PR]
by arnofood | 2015-02-08 18:55 | お気に入り | Trackback | Comments(0)

スタック鍋

b0255896_9532547.jpg

先月フードソムリエさんにいただいたスタック鍋がお気に入り、便利で面白いのでご紹介です。
直径20cm×深さ7センチの厚手の土鍋、なのですが土鍋らしからぬシンプルモダンなデザインで盛り鉢としても使え、今やキッチンの一番手の届く棚に置いてあるほど最近ヘビーユースなアイテムです。
受け皿にも蓋にもできる同素材のプレートもついています。
b0255896_2213954.jpg

今日の朝食に野菜たっぷりの卵蒸しを。
スタック鍋にキャベツなどの野菜をカットして入れます。大体鍋の高さ半分くらいの量で。今回はキャベツ・クレソン・ハム。
b0255896_9542759.jpg

顆粒コンソメ少々・水50~70mlを入れ、蓋をして中火にかけ5分。
b0255896_95823.jpg

5分たったら卵を落とし、また蓋をして1分30秒。火を止めて30秒放置。
b0255896_105412.jpg

蓋を取り、ひきたての白コショウとオリーブオイルをたらり。
b0255896_1233654.jpg

パンと一緒に半熟卵をからめながらいただきます。2人分まで対応できると思いますが、一人で鍋抱えてアツアツをいただくのがぴったりです。

もちろん土鍋のように煮物や付け合わせの温野菜を作って食卓に置いておけば食事中ずっと温かいまま。保温機能つきの盛り鉢としても寒い季節には重宝します。

こんな使い方も
[PR]
by arnofood | 2015-02-07 18:07 | ツール | Trackback | Comments(0)

スフレ・チーズケーキ

b0255896_1813202.jpg

今日は予報で午後から雪、とのことでした。
実際は午前中から冷たい雨が降り続き、お昼頃雪に変わり、また雨に戻り・・・・結局景色は白くならず。
大人としては交通が滞らず少し安心、でしたが、子供は雪遊びが出来ずガッカリ、のようです。

さて、寒い日はついついオーブン仕事。
過去のメニューを時々確認のため作ってみています。
一昨年のスフレチーズケーキのレシピで、クリームチーズをマスカルポーネに変えて作ってみました。
マスカルポーネは酸味がないのでレモンをきかせて。
とっても美味しくできました!
b0255896_18135461.jpg

生徒様、どうぞお試しを。
[PR]
by arnofood | 2015-02-05 18:14 | kitchen | Trackback | Comments(0)

飯蛸

b0255896_10393238.jpg

昨日は節分、季節を分けるという意味があり、邪気を払うために豆まきをするのだそうです。
我が家は、給食で恵方巻きを食べてきたはずの息子が「夜も恵方巻き食べたい」と言うので(夕方)、慌ててまぐろやでんぶやキュウリを買ってきて自家製を作りました。ただの太巻きなのですが美味しそうに西南西を向いてかぶりついておりました(どんだけ恵方巻き好きなの・・・)。さぞかし良い一年になることでしょう。

そして今日は立春、春が来る準備が始まります。まだまだ寒さはきびしいですが、ちらほら春の兆しが見えてくる時期ですね。

さて昨日の飯蛸のレポートです。
b0255896_10382388.jpg

飯蛸は頭(本当はお腹)の中に卵を持っていると、煮た時につぶつぶと飯粒のように見えることから、卵のことを子と言わず飯(いい)というのだそうです。この蛸も飯持ち(いいもち)でした。

下処理として食べやすくするために目とクチバシを取り、お腹の中には内臓と墨袋と卵が入っているので、指を入れて内臓と墨袋を取ります(卵は取らない)。
b0255896_10385023.jpg

そしてぬめりを取るために洗います。私は以前生蛸を塩でもみすぎて塩辛くしてしまった苦い思い出があるので、片栗粉をまぶしてもみました。
b0255896_1039169.jpg

新い流すとすっきり!これで色んなお料理に使えます。
b0255896_10391093.jpg


飯蛸煮(20匹分)
・日本酒100ml
・水100ml
・みりん大2
・醤油大2

を煮立てた中に飯蛸を入れて5分ほど煮るだけです。飯蛸3~5匹くらいなら調味料は全て半分でよいかと思います。写真は色が濃く出ていますが蛸の色ですので実際は淡い味付けです。

飯蛸を煮汁に入れる時は、頭を持ちぶら下がった足だけ煮汁の中でしゃぶしゃぶすると足がきれいにくるんと丸まります。その後で手を放して頭を入れると形よい蛸に煮上がります。いただく時はタテ半分か、頭と足を切り離してさらに足を2~3本づつに切って下さいね。丸ごとの飯蛸って小さいように見えて結構食べにくいんですよ。
b0255896_10512528.jpg

さっと煮ただけのものを冷まして衣をつけ天ぷらにしても美味しいです。昨夜は青のり衣で揚げました。

スーパーで飯蛸を見つけたら作ってみて下さいね。
[PR]
by arnofood | 2015-02-04 11:02 | kitchen | Trackback | Comments(0)

築地で

久しぶりに朝築地に行って参りました。

b0255896_1494349.jpg

サバ・飯蛸・牡蠣と、
b0255896_1411232.jpg

とらふぐの身欠きです。

下処理が必要なものばかりでお昼過ぎまでかかりました。
飯蛸20匹の下処理・・・・ワタと目とクチバシを延々と取っていたら墨袋が破れて指先が真っ黒になるし、水は冷たいし(誰にも文句言えないけど)。

気を取り直してお昼ごはんにちゅるっといただいたのはこれ。
b0255896_14131540.jpg

厚岸の牡蠣を一つは生で、
b0255896_1418227.jpg

一つはフライパンで軽く蒸しました。半生よりもっと生っぽく、少し温かいくらいでレモンを絞って。
生の時は磯の味を強く感じ、少し温めると牡蠣の甘味・うまみが立つ気がします。
一つで手のひらいっぱいの大きな牡蠣、2つでおなか一杯になりました。

他の仕込みはまた今度詳しくアップします。
[PR]
by arnofood | 2015-02-03 14:16 | kitchen | Trackback | Comments(0)


イタリアンがベースの、美味しくて楽しい家庭料理教室を開いています。


by arnofood

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

カテゴリ

全体
レッスン
ELLEgourmet
お仕事
コラボレッスン
kitchen
dining room
living room
プライベート
山の家:日記
山の家:料理
ツール
学び
うつわ
お気に入り
休日
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月

フォロー中のブログ

フィレンツェ田舎生活便り2
べルリンでさーて何を食お...
Berlin no Hi...
ーAkashi Yasa...

ブログパーツ

外部リンク

ブログジャンル

料理家
おうちごはん

画像一覧