カテゴリ:dining room( 8 )

たけのことカラスミのパスタ

b0255896_14353653.jpg

今日からGW!
b0255896_14361044.jpg

連休の初日にふさわしい晴天、しかも冷蔵庫には昨日までのレッスン残り食材がたんまりあって、買い物に行かなくても素敵ランチが作れる!
春野菜とタケノコ、しらすにカラスミを使ってパスタ。
b0255896_14381155.jpg

昨日雨の中頑張って築地に仕入れに行った自分へのご褒美に?佐賀産生牡蠣。レモンと。
あ、家族にもあげますけれど。
b0255896_14391210.jpg

陽ざしが眩しい!というか、暑いです!
b0255896_14394543.jpg

皆さまも良いGWを。
[PR]
by arnofood | 2016-04-29 14:41 | dining room | Trackback | Comments(0)

身欠きふぐ

b0255896_2113850.jpg

ふぐは身が水分を多く含んでいるので、
さばいて3~4日はキッチンペーパーにくるんで寝かせ、水分を取りつつ味を落ち着かせます。
b0255896_2114979.jpg

なので週の初めに仕入れた身欠きふぐは、
週末くらいにいただくのが丁度良いということになります。
b0255896_212530.jpg

それを計算していつも築地の仲買さんにお願いしています。
自分でてっさ(刺身)にしても、お店のようには薄く美しくできないのですが、
b0255896_2135741.jpg

自宅で気楽にふぐをいただく醍醐味には勝てず、根気よく呑気にふぐを楽しんでいます。
息子は、「家のふぐの方が身が分厚くて美味しい!」と言ってくれます・・・(涙)。
いつも2本入りを買い、身をてっさ・から揚げ・お鍋、皮を煮凝りと湯引きポン酢で。
ひれはざるに乗せて寒い部屋に置いてパリパリになるまで数日放置・・・ひれ酒用に。
b0255896_2122485.jpg

そして翌朝の雑炊がお楽しみ。魚臭さがなく旨みが濃くて、あまり味付けせずとも味わい深いです。少しの醤油か塩で調味して、いただく時にポン酢を少々・・・。

考えてみれば身欠きふぐは身・アラ・皮・ヒレをいただくという意味で、(毒を除いてあるだけで)ほぼホールフード?!生き物を解体して、丸ごといただいているという実感も魅力のうちかもしれません。
[PR]
by arnofood | 2015-02-10 21:03 | dining room | Trackback | Comments(0)

ピーマン肉詰め

あまりないことですが、
息子が「ピーマンの肉詰めを食べたい」とリクエストしてきました。
b0255896_2125413.jpg

どういう風の吹き回し?と思って理由を聞いたら、
この本に出てきたのですって。
b0255896_21251691.jpg

給食センターのお兄さんが作るピーマンの肉詰めがおいしそうだからと。
分かる分かるその気持ち006.gif
小説の中の食べ物って興味深いですよね。
文章だけで伝えられるものって最高に想像力を刺激してくれます。
[PR]
by arnofood | 2014-02-19 21:29 | dining room | Trackback | Comments(0)

ガスパチョ oishii

夏の朝食、最近のお気に入り。
b0255896_9224295.jpg

ガスパチョです。7月レッスンの一品でしたが、
本当に夏にピッタリのレシピ。

b0255896_924549.jpg

生の野菜とビネガー、スパイスをミキサーにかけるだけですし、
意外と日持ちするのが便利。
今日のは10日前に作ったもの。この季節でも全く問題なし、むしろ味がこなれて食べやすくなっていました。
酢と生にんにくが入っているからでしょうか。
大瓶に作って毎日少しづついただくと体がきれいになる気がします。爽快!

野菜は色々、その時その時で違っていいと思いますが、
今日のガスパチョは、
フルーツトマト
玉ねぎ
きゅうり
緑ピーマン
赤パプリカ
生にんにく少々
パン少々
ビネガー
オリーブオイル
クミン&パプリカパウダー少々
が入っています。

b0255896_9281713.jpg

卵サンドにぴったり。
b0255896_9284773.jpg

食欲がなければおちょこに一口だけ、という時もあります。
ビタミン・ミネラル・酵素が取れるおすすめ冷たいスープです。
[PR]
by arnofood | 2013-07-22 09:32 | dining room | Trackback | Comments(2)

熱燗

b0255896_211623100.jpg

新しいうつわを買うのは、新しい洋服を買うのと同じくらいウキウキします。

先日うつわ店で徳利を購入しました。
片口はいくつかあるのですが、そう言えば徳利はいただきものが一つか二つ・・・。
お店にたくさん並んでいる中でひときわ目についたすっきりした形の徳利、柔らかい白の面取りが女性らしくてすぐ手に取りました。
冬のお楽しみとして、今夜は熱燗してみました。
b0255896_2155618.jpg

日本酒は主人のセレクト。福島のお酒です。
b0255896_2163598.jpg

今日は大人はご飯なしで居酒屋することに。
ぶりのアラ大根
b0255896_217355.jpg

カレイの煮つけ
b0255896_218467.jpg

揚げ出し風焼き豆腐。
水切りした豆腐に片栗粉をまぶしてフライパンで焼き、しょうがをきかせただし醤油のタレで。
b0255896_2175924.jpg

さらした新玉ねぎに温泉たまご、おかか醤油。
b0255896_21102881.jpg

熱燗は、徳利が肩まで入る深めのミルクパンにお湯を沸かし、火を止め徳利を入れて2~3分。
最初はちゃんと50度になるよう傍で温度計を持ってスタンバイしました。おかわりで2度3度やってると感覚がつかめて温度計なしでもできるようになります。

徳利がなくなりかけると、そそくさとキッチンに戻って鍋でおかわりを作るのもままごと感覚で楽しいものです。
[PR]
by arnofood | 2013-01-26 20:34 | dining room | Trackback | Comments(2)

塩ぶりと塩麹豚

今思えば、何の気なしに半身のぶりと豚肩ロースを仕込んでおいて助かりました(スキー行く前に)。
b0255896_20571928.jpg

スーパーで見つけた、半身のぶり(おなか側)はきつめに塩を振ってペーパーでくるんで冷蔵庫へ。
b0255896_2055599.jpg

豚ロースは半分の厚さに切って塩麹に漬けて。
b0255896_2161312.jpg

b0255896_2162342.jpg

年末29日に漬けて。
b0255896_2059925.jpg

31日スキーで疲れて帰ってきた後切って焼くだけ。
b0255896_21101371.jpg

200度のオーブンで15分。
b0255896_21102712.jpg


More
[PR]
by arnofood | 2013-01-03 21:18 | dining room | Trackback | Comments(0)

塩麹チキン

イブは息子の一人がスキーキャンプのため、
3人の静かな夜。
b0255896_2382490.jpg

小さめの2キロのチキンを焼きました。
b0255896_23102289.jpg

今年のチャレンジとして塩麹をまぶして焼いたチキン。
まぶした時間が短かったのか(2時間)、
さほど目立った違いは感じなかったけれど(来年は一晩置こう!)、
気持ち和風なお味に仕上がりました。
b0255896_2312302.jpg

付け合せはチキンと一緒に焼いたじゃがいも、にんにく、ベルギーエシャロットに、
定番のゆでた芽キャベツ。

チキンが焼けた頃に始まる前菜は、
モッツァレラ・ブッファラ(水牛のモッツァレラ)とフルーツトマト・アボカドのサラダ。
b0255896_23142525.jpg
b0255896_23143329.jpg

お気に入りのバルサミコと。

レーズンと胡桃のパンも焼き、
b0255896_23251941.jpg
b0255896_23253013.jpg

たぶんこの焼きムラは塩麹のせい。
b0255896_23254031.jpg

b0255896_1049184.jpg

デザートは、残り物の栗ペーストを使ってロールケーキを焼いておいたのに、
家人がクリスマスケーキを買ってきた!
ので、デザートはダブル。
おなかいっぱい過ぎの夜でした。
[PR]
by arnofood | 2012-12-24 23:24 | dining room | Trackback | Comments(0)

赤ワインパン

b0255896_1224130.jpg


生徒様のGさまに教えていただいたドミニク・サブロンの赤ワイン入りのパン「ル・ヴィニュロン」。
絶品でした。
くるみが入っていて皮はしっかり、中身はねっちり、
滋味あふれるお味です。 かみしめるとじんわり

お店によると、まだアルコールが残っているのでお子様には食べさせないでとのこと。
焼いてもまだアルコールって残るものなんですね~。

チーズととっても良く合います。もちろんワインとも
[PR]
by arnofood | 2012-07-10 12:03 | dining room | Trackback | Comments(2)


イタリアンがベースの、美味しくて楽しい家庭料理教室を開いています。


by arnofood

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
レッスン
ELLEgourmet
お仕事
コラボレッスン
kitchen
dining room
living room
プライベート
山の家:日記
山の家:料理
ツール
学び
うつわ
お気に入り
休日
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月

フォロー中のブログ

フィレンツェ田舎生活便り2
べルリンでさーて何を食お...
Berlin no Hi...
ーAkashi Yasa...

ブログパーツ

外部リンク

ブログジャンル

料理家
おうちごはん

画像一覧